イタリア

【イタリア旅行2日目】バスを使ってローマの定番観光スポットめぐり

真実の口

 

2019年7月、7泊8日の夫婦二人旅の舞台はイタリア!

旅行日程

1日目〜3日目がローマ、4日目〜7日目がフィレンツェ観光。

 

これまでのイタリア旅行記
【イタリア旅行1日目】コロッセオを堪能し、詐欺に涙したローマ観光

 

2日目のローマ観光は、誰もがすすめる定番観光スポットのトレヴィの泉、スペイン広場、真実の口を巡ってきました。

 

\ホテルをお得に予約したい方必見!/イタリアのホテル料金を比較してみる


ランチは【Ristorante Alessio】

2日目のこの日は、午後から気温が少し低くなる(といっても28度くらい)予報だったので、お昼頃から活動しました。

 

ローマで宿泊しているホテル【アウグスタ ルチッラ パレス】から徒歩2分ほどのところにある【Ristorante Alessio】でランチからスタート。

Ristorante Alessio外観

 

12時頃に予約なしで伺いましたが、スムーズに通して頂きました。

 

私たちが日本人だとわかると、日本のアニメ(特に『スラムダンク』と『めぞん一刻』)が好きなサーブの男性は、そこからほとんど日本語での対応に!

語学を勉強していると、文法などのルール重視になりがちですが、この国の人たちのコミュニケーション能力をみていると、いかに知ってるフレーズを積極的に話していくかが大事なのかなと学ばされます。

 

日本語メニューも用意されていて、これは何?と迷うことなく料理を選ぶことができるのも嬉しい。

Ristorante Alessioの日本語メニュー

(日本語メニューのある海外のレストランは美味しくないというイメージを持っていましたが、イタリアに来てそれが払拭されました!!)

 

お通し(?)のパンも特にフォカッチャが美味しかったです。

Ristorante Alessioのフォカッチャ

 

イタリアに来たら食べたかったシーフードパスタ(14ユーロ)

Ristorante Alessioのシーフードパスタ

たっぷりのムール貝とアサリ、エビ、そして手長エビが贅沢に入っていて、見た目も豪華。

パスタ麺は、少し細いうどんのような麺でした。

さっぱりとしたトマト風味で、暑いローマ観光中でもパクパク食べられる美味しさ。

 

デザートはクレームブリュレ(6ユーロ)を選びました。

Ristorante Alessioのクレームブリュレ

 

夫はチョコレートケーキ(7ユーロ)

Ristorante Alessioのチョコレートケーキ

 

私たちがお店を出る13時すぎからは急に混み始め、観光客よりも地元客で賑わっていました。

フレンドリーな接客が心に残るレストランです。

 

Ristorante Alessio

住所:Via del Viminale, 2/g, 00184 Roma RM

電話番号:+39 6 488 5271

営業時間:12時00分~15時00分、18時00分~23時00分(土日は午後の時間のみ)

定休日:なし

 

バスチケットを購入

2日目の観光スポット巡りと3日目バチカンへはバス移動を考えていたので、タバッキ(雑貨屋さんのようなお店)でバスチケットを購入しました。

私たちが購入した48時間乗り放題チケットは12.50ユーロ。

ローマのバスチケット

24時間乗り放題チケットももちろん販売されています。

 

バスに乗り、機械に通すとそこから48時間使える仕組みです。

ローマのバスチケットの機械

一度機械に通すと、あとはチケットは確認されません。

検察係の人による抜き打ちテストが行われます。無賃乗車をした場合は54.90ユーロの罰金を科せられますので、きちんとチケットを購入して乗るようにしましょう。

トレヴィの泉

バス停【Tritone/Fontana Di Trevi】から5分ほど歩くと、トレヴィの泉に到着。

トレヴィの泉

 

天気がよかったこともあり(曇り予報だったのに)、噴水のお水もとても綺麗な色をしています。

トレヴィの泉

 

にしても、すごい人の数です。

トレヴィの泉

 

正面から見たトレヴィの泉も華やかですが、個人的には横から見た絵面も好きだったなー。

横から見たトレヴィの泉

 

トレヴィの泉といえば、コイン投げが有名ですよね。

1枚投げると再び来られる。
2枚投げると好きな人と結婚できる。長くいられる。
3枚投げると離婚など別れることができる。

というもの。

 

ただ、コイン投げが禁止になったのか、周囲にコイン投げをしている人はいなく、泉の中にもコインは全くありませんでした。

 

スペイン広場

スペイン広場はトレヴィの泉から歩いて10分ほどで行くことができます。

私たちも徒歩で移動しましたし、同じようにここからスペイン広場に向かっている観光客の方も何人かいました。

スペイン広場

 

ここの階段といえば、いわずもがな『ローマの休日』ですよね。

スペイン広場

ここでオードリー・ヘップバーン演じるアン王女がアイスを食べていたシーンが印象的ですが、マナーの問題等があり、現在はこの階段で飲食は禁止されています。

 

私も例にもれず、階段に登って記念撮影。(顔を隠す必要がないくらい遠目…笑)

スペイン広場と私

 

階段の手前にある舟の噴水。

ここの横から出ている水は飲むことができるため、暑かったこの日もここで顔を濡らしたり、水分補給している人が目立ちました。

スペイン広場の舟の噴水

真実の口

真実の口を見るために、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会へとバスで移動。

スペイン広場からはバス停【S. Claudio】で乗車し、【Greca】で下車しました。(教会まで徒歩2分)。

 

15時すぎに教会に到着すると、入り口には外にはみ出るほどの長蛇の列ができていました。

真実の口の行列 真実の口の行列

 

真実の口の撮影料は寄付制です。(我が家は2ユーロを寄付箱に入れてきました)

 

列に加わり20分くらいで順番が回ってきました。

真実の口

 

本来は前後の人たちに撮影をお願いする形のようですが、係の人によっては撮影をしてくれるようです。

私たちのときの方はとってもユニークで、スマホを渡した途端、自撮りを楽しんでいました…笑

真実の口 係の人の自撮り

 

夫との2ショットの他にも、こんな感じで記念撮影。

真実の口と私

 

真実の口の見学を終えると、そのままサンタ・マリア・イン・コスメディン教会へと案内されます。

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会

 

教会内は決して華やかな作りではありませんが、歴史が感じられる趣ある雰囲気。

 

出口付近にはお土産屋もあり、当然のことながら真実の口グッズが売られています。

真実の口お土産

 

そして忘れちゃいけない『ローマの休日』グッズも。

ローマの休日グッズ

真実の口はもとは古代ローマ時代のマンホール!

『ローマの休日』ではグレゴリー・ペックが真実の口に手を入れると、手首がなくなり、オードリー・ヘップバーンが悲鳴をあげるシーンがあります。あれはグレゴリーのアドリブ!二人の仲の良さがとってもわかる名シーンです!

夕食は軽めで

ランチで頂いたパスタとデザートが思いの外腹持ちがよかったため、夕食はホテル付近にあるカルフールで買ったサンドイッチを。

当然のことながら、作ってから時間が経っているせいもあり美味しくありません…!笑

日本のコンビニってすごいんだなぁと海外に来てつくづく感じています。

 

 

よく読まれている記事