フランス語検定

知識ゼロから3ヶ月で仏検4級に満点合格!使用したテキストは?

 

2018年8月下旬からフランス語を独学で学びはじめ、その年の11月のフランス語検定(以下:仏検)では4級に満点合格をしました!

 

 

フランス語知識ゼロから3ヶ月。

私は決して勉強が得意なわけでもなく、英語も苦手な部類です。

独学のため、わからないことを気軽に誰かに聞けないからこそ、教材は自分が納得できるものを選びましたが、私が合格できた1番の要因こそ、この教材選びにあったと思います。

 

そこで今回は、知識ゼロから3ヶ月で仏検4級に満点合格できた際に使用した教材をご紹介します!

  • フランス語ゼロから仏検合格を目指している方
  • 現在仏検4級合格に向けて勉強している方
  • 仏検4級を満点で合格したい方

はぜひ参考にいていただけたら嬉しいです。


4級を目指した理由

そもそも超初学者だった私ですが、いきなり仏検4級を目指したわけではありません。

フランス語を勉強するまで、仏検の存在すら知らず、インスタグラムの勉強アカウントの方が「仏検まで3ヶ月!」と投稿したのをきっかけに、仏検というものがあるんだぁと知ったくらいです。

そのときにはただ問題集を解いていただけでしたので、勉強するには目標があったほうがいいと思い、私もはじめは5級を目指してみることにしました。

その時点ではまだ超入門レベルの基礎テキスト(「フランス語をひとつひとつわかりやすく。」)に取り組んでいたため、仏検の問題集などは一切見ておらず、とりあえずいちばんやさしい級を受けてみようかなくらいの気持ち。

ただ、そのテキストの2周目を終えたときに、仏検HPに掲載されている5級の過去問を解いて見たところ9割が取れました。

その時点で仏検まで残り2ヶ月。

それならもう一つ上のレベルを目指して勉強してみようと思い、5級は飛ばして4級を受験することにしました。

 

4級のレベル

仏検HPによると4級のレベルは以下の通りです。

程度:基礎的な日常的フランス語を理解し、読み、聞き、書くことができる。

標準学習時間:100時間以上

語彙:920語

読む 基礎的な単文の構成と文意の理解。基礎的な対話の理解。
聞く 基礎的な文の聞き分け、日常使われる基礎的応答表現の理解、数の聞き取り。
文法知識 基礎的な日常表現の単文を構成するのに必要な文法的知識。動詞としては、直説法(現在、近接未来、近接過去、複合過去、半過去、単純未来、代名動詞)、命令法等。

 

 

3ヶ月という時間の中でゼロから合格を目指すには、難しすぎず簡単すぎず一番いいレベルがこの4級のように思います。

文法知識の範囲もそれなりにあるため、やりごたえはありますし、日記をかけるくらいの力は十分につくからです。

その点からいうと、5級はかなりやさしいので、3ヶ月では時間があまることが考えられます。

 

私の場合は、申し込み最終日(検定1ヶ月前)にせっかくだから更に上を目指してみようと思い、ダメ元で4級と3級を併願したのですが、結果的にこれが4級満点合格の理由だと思っています。

基礎力をつけた教材

さぁ勉強をはじめよう!と思い、最初から仏検のテキストを読んでも、きっと意味はわからないと思います。

ある程度、その級を受験できるだけの最低限の基礎知識がある前提で対策テキストが作られているからです。

私も仏検4級対策テキストに取り組む前は、以下の2冊のテキストを終えました。

 

 

4級対策に取り組むまでの2ヶ月はひたすらこのテキストを解いていました。

使い方とスケジュールは以下の記事でまとめてあります。

関連記事①>>>初心者が最初に買いたい「フランス語をひとつひとつわかりやすく。」感想と使い方

関連記事②>>>「フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!」感想と使い方

 

これらのテキストをしっかり解いた上で、対策本に取り組むと、文法系に関してはほとんど「?」ということはなく、割とスムーズに進めることができました。

まさに仏検4級の攻略は基礎にありです。

 

4級対策に使用した教材

3ヶ月のうち2ヶ月は、上記でご紹介した2つのテキストを使い基礎を勉強しており、実際に4級対策のテキストを使用し始めたのは、仏検1ヶ月前からです。

問題集1冊、単語帳1冊の合わせて2冊を使って試験にのぞみました。

 

問題集:仏検合格のための傾向と対策 4級

書店に行くと、仏検4級対策本はたくさんありますが、私はこの1冊を使い勉強をしました。

この本を選んだ理由は

  • 問題数が多いので、解きながら文法が理解できる
  • 解答解説や、基礎文法解説がとても丁寧
  • 3回分の模擬試験がついている

 

解答しか載っていない問題集もありますが、このテキストは半分が解説というくらい丁寧に説明してくれているので、独学だった私にとってはそこは大切なポイントでした。

はじめに別のテキストで基礎を勉強していましたが、それを復習しながら進められたのもおすすめできる理由の1つです。

 

正直いうと、試験よりもこのテキストのほうが難しく感じました。

特にリスニングのスピードは、試験問題を聞いた時、あまりにゆっくりで驚いたくらいです。

このテキストは試験までに3周まわしました。

 

これ1冊をきちんと使いこなせば、4級に合格する力は十分につくと思います!

 

このテキストのレビューや詳しい使い方はこちらの記事をご覧ください。

関連記事>>>「仏検合格のための傾向と対策4級」の詳しい使い方やスケジュール

単語帳:仏検3・4級必須単語集

過去に仏検受験をしている方のブログやインスタグラムをみていると、購入している方が多かったので、私も買ってみました。

この単語集はただ単語が羅列してあるわけではなく、各級100の例文に300以上の単語がまとまっているので、例文を覚えると自然と必要な単語がいくつも覚えられる仕組みになっています。

英単語をDUO3.0で勉強したという方は特に使いやすいかも!

 

付属CDは普通の速さの仏語→日本語→ゆっくり仏語と読んでくれるのがとてもよかったです。

ゆっくり読んでくれることで、単語集を見ながら聞くと、どの部分がリエゾンやアンシェヌマンになっているのか、強弱の付け方がわかるため、リスニング対策はもちろんのこと、会話も学びたい方にとっては発音練習にもなるからです。

また、ゆっくりスピードを聴きながらディクテーションもできました。

 

机に向かって勉強したのはせいぜい1周で、大抵は家事や移動の合間にCDをひたすら聞くという使い方をしていました。

過去問:公式HPの過去問題サンプル2年分

過去問題集も書店では販売されていますが、私は公式HPの過去問題サンプルのみしかしていません。

>>>仏検公式ページ過去問題サンプル

2011年と2008年の過去問が掲載されているので、テキストを1周したころに2008年バージョン、試験の前日に2011年バージョンを解きました。

 

これまで触れてきた問題集や模擬試験が難しかったので、過去問がとてもやさしく感じたことを覚えています。

前日に解いた2011年バージョンに関しては、この時点で満点を獲得していたので、当日の試験でも満点を狙いたいという気持ちが芽生えていました。

 

満点を獲得する方法

ここからは、満点合格を狙いたい方向けになりますので、合格できればそれでよしという方は飛ばしていただいて構いません。

 

実際に満点合格してみて、合格した要因はこれだろうなと実感していることは3級レベルも十分合格水準に達していたことです。

 

結局3級の勉強もしなきゃいけないのかーい!と思ったかもしれませんが、結局ひとつ上のレベルを十分に理解できているレベルではないと満点は難しいと思います。

これはどの試験に関しても共通していることではないでしょうか。

ちなみに併願した3級は87点。

決して高得点というわけではありませんが、3級で点数を落としてしまった要因は、似たような選択肢で迷ってしまい、結局間違ってしまったということです。

答えを選択肢から選ぶというのは簡単そうにみえて、実はかなり迷います。

これも当てはまるような気がする…という絶妙な選択肢が用意されているからです。

 

ただ4級のときにはその迷いが一切ありませんでした。

ひとつ上のレベルから俯瞰して見られると、むしろこれはこう引っ掛けようとしているのだなというところまで考えられる余裕があったくらい。

「自分はこれだけ勉強してきたんだ!」

「3級だって合格レベルに達しているぞ!」

という自信や気持ちの余裕は、試験では大切な合格ポイントになったりするものです。

 

満点合格を目指す方はぜひ4級と3級の併願受験に挑戦して見てください!

 

ちなみに3級の試験対策は問題集1冊のみでしたので、今回ご紹介した4級の勉強に1冊付け加えるだけです。

 

こちらも3周まわしました。

単語はとくに勉強することなく、本当にこれ1冊と公式HPの過去問のみです。

 

まとめ

4級・3級に合格してみて、勉強してきた軌跡がひとつの形になるのはとても嬉しく感じます。

 

ただ、言語というのは検定に合格すればいいというのではなく、使えてこそ価値があるものですから、合格後も継続的にフランス語を楽しみたいという方は、ぜひ基礎からしっかり勉強することをおすすめします。

 

4級に関しては無事に満点合格することができましたが、仏検対策を学んでいるときに痛感したのは、耳からも文法も学べることができれば、わざわざリスニング対策で苦労することはないのにということでした。

 

言葉は結局は「音」が一番大切。

文法は文法、リスニングはリスニングという区別を最初の段階から取っ払うと、早い段階から耳でフランス語に慣れることができますよね。

これは独学でゼロから勉強して実感したことです。

 

耳を使ってフランス語をしっかり身に付けたいという方や、独学に少し不安があるという方は、フランス語ビデオ講座などを取り入れることをおすすめします。

一週間無料でビデオが見られますから、気軽に無料視聴してみてくださいね。

便利なものは効率よくどんどん取り入れていくことが、勉強をスムーズに進めるコツです!

 

初心者でも安心して
スキマ時間に独学できる/

フランス語ビデオ講座を無料視聴する