パリ暮らし

【元日に感染】フランスのガストロはコーラで撃退すべし。

フランスのガストロはコーラで撃退

 

在仏日本人の知人が年末に『ガストロになったかもしれない。』とのことをSNSで発信しており、異国の地で胃腸炎にかかってしまうなんて、なんて大変なこと!大丈夫?

と、心を寄せた直後の2020年元日に、私もガストロにかかってしまった…。

冬(特にクリスマスホリデー期間)のフランスで毎年大流行するこの胃腸炎ですが、なかなかフランスに馴染まない割に、こういうことは敏感にキャッチする私。とほほ。

ただフランスには、独特の治し方というのが存在し、私もそのおかげでわずか1日でなんとか復活を遂げました。

元日というほぼ全てのお店が休みの中、近所でたった一つだけ開いていたスーパーに、私は感謝状を捧げたい。


ガストロの症状

通称「ガストロ」(gastro-entérite:ガストロアンテリット)と呼ばれる感染性の胃腸炎。日本ではノロウィルスに該当するようです。

手などについた菌や、排泄物からの菌による感染、さらには食べ物だと生牡蠣でも感染する可能性が十分にあるとのこと。

潜伏期間は1~3日ほどで、発熱、嘔吐、頭痛、腹痛などの症状があります。

 

吐き気で目覚めた新年の朝

2020年になった瞬間、私はテレビの前で夫と凱旋門カウントダウンの花火を観て、ひゃ〜パリの新年は華やかだなぁとえらく感動していました。

その数時間後、ベッドに横たわる私の体に異変が。

急に船酔いしたような吐き気に襲われます。1回吐き、ベッドに戻っては吐き気で眠れず。

それを2回、3回と繰り返し、胃の中が空っぽなのにまだ気持ち悪い。

しまいには、急にお腹がギュルギュルと鳴りだす始末。上も下も忙しい。

横でスヤスヤと眠っている夫を横目に、新年早々『これは二日酔いではない。ガストロだ。』と、数日前に同情した知人の症状と一致したことで確信しました。

 

「ガストロ 症状」「ガストロ 治し方」

…と、関節が少しずつ痛くなっていくなか調べてみると、なんと

『ガストロはコーラで治ります。医師からも勧められました。』

と体験談付きの記事をいくつも発見。

 

時は2020年元日の朝。薬局など空いているはずがない。

わらにもすがる思いで、その後起床した夫にコーラを買ってきてもらおうとしたのですが、元日のこの日にどこでコーラを買うか問題が発生。

フランスには、日本のように便利な自動販売機やコンビニはありません…😂

 

元日の買い物はカルフールエクスプレス

パリのスーパーのほとんどは大晦日まで営業していますが、1月1日はさすがに大抵は休んでいます。(ちなみに2日から早速営業開始します。)

うちの近所には割とスーパーが密集しており、いつも利用するモノプリや外資系スーパーが日曜日にも営業しているため、元日ももしや…と期待して、夫に足を運んでもらったのですが、やはりお休み。

私ならそこで帰ってきて、あとは根性で治してもらおうと思うところなのですが、夫はふと、普段はあまり利用しない「カルフールエクスプレス」が頭に浮かんだそうで、わざわざそこまで行ってくれたんです。

 

なんと、コーラをゲット!!!

皆が休むこの正月に、出勤してくれていた店員さん、そしてオーナーさん、本当にありがとう。

元日にもしものことがあったら、カルフールエクスプレスだよ。

 

コーラを飲んだ。そして治った。

夫が歩き回って手に入れたレアアイテム(但しパリ元日に限る)コーラ。

フランスガストロ対策コーラ

正直、体に悪い飲み物ワースト10に入るとすら思っていたコーラが、今は「ガストロの薬」として目の前に存在しているのがにわかに信じられません。

が、郷に入っては郷に従え。ここにはポカリスエットなど存在しない。

 

二十年ぶりに飲むコーラは、相変わらず苦手な味で、一口一口ゆっくりと飲みすすめていきましたが、もしかしたら小さい子どもにとっては、ガストロも時にはありがたい病気と思うかもしれない。

 

ほんとに治るのかいな…と半信半疑のまま、数時間。

不思議と胸焼けが少しずつ治っていくではありませんか。お腹に限っては、もうギュルギュル鳴ってない。

さすがにその後も1日は、関節の痛みやだるさ、若干の胸焼けと食欲不振は続きましたが、なんと翌日には完全復活を遂げました。

ガストロの心あたり…

ガストロは冬の流行病だから、どこでうつった、何でうつった…と考えたところで、生活していたらどうしても完全に遮断するのは難しいのですが、私の場合の話。

実は体調を崩す2日前に、外で生牡蠣を食べました。そのお店は大きな商業施設に入っていたため、周りはすんごい人混みでした。

以上のことから、果たして私のガストロの原因が生ガキなのか、はたまた人混みなのかは今もよくわかっていませんが、少なくとも年末年始、人の多いところで牡蠣を食べるのは今後避けようとは思いました。

2週間は油断しちゃダメ

症状が治ったあとでも、排泄物からのウイルスは2週間ほどはあるんだそう。

家族に感染させないためにも、使用後のトイレ掃除やバスタオルの管理などはしっかりと行うようにと喚起されています。

ガストロにかかってしまったら、とりあえずコーラを!と勧めたいところですが、まずは手洗いでできるだけ感染を防ぎましょう😂

ガストロに感染した私がいうと説得力があまりないように聞こえますが、一応出かける際には、携帯用のアルコールジェルをポーチに忍ばせています。

よく読まれている記事