パリ暮らし

『プロヴァン中世祭り』レポ!見どころや行き方を徹底解説!

プロヴァン中世祭りの見所やアクセス

 

中世の面影を色濃く残すプロヴァンでは、毎年6月に『プロヴァン中世祭り(Les Médiévales de Provins)』と呼ばれるお祭りが開催されます。

21世紀からフランス中世へタイムスリップしたかのような雰囲気に包まれるこのお祭りは、2日間で10万人が来るという人気イベント。

2019年6月15、16日に開催されたお祭りに行ってきたのでレポートします!

 

この記事のポイント
  • 『プロヴァン中世祭り』までのアクセス
  • お祭りの様子
  • 見逃せない会場内の観光スポット

 

natsumi
natsumi
パリとはまた違ったフランスの一面に触れてみたい方にはおすすめのイベントです!


『プロヴァン中世祭り』までのアクセス

パリからプロヴァン中世祭り会場までのアクセスをご紹介します。

パリからプロヴァンまで

パリからは日帰りで行くことができるプロヴァン。

列車だと、パリ東駅(Gare de l’Est)からプロヴァン駅(Provins)までは約1時間半で、SNCFP線、Provins行きに乗って終着駅で降ります。

列車の本数は1時間に1本程度と少ないため、予めグーグルマップなどで時刻を調べておくことをおすすめします。

運賃は大人一人11ユーロでした。(2019年6月現在)

 

『プロヴァン中世祭り』の会場までの行き方

 

会場までは、徒歩または無料シャトルバスで向かいます。

シャトルバスは、プロヴァン駅前(乗り場P7)から土曜日は10時~22時まで、日曜日は10時~19時まで20分間隔で運行されています。

 

徒歩の場合は、駅から歩いて約20分で会場に到着。今回私は歩いて向かったので、その行程をご紹介しますね。

 

プロヴァン駅を出ると、早速お祭りのガイドマップが配られていました。

プロヴァン中世祭りのガイドマップ

 

とにかくお祭りをめがけてたくさんの人がやってきますので、人の流れにのって歩いて行くと間違いなく会場に到着します。

プロヴァン中世祭りへ向かう人の流れ

 

道の至るところにはきちんと案内板もありますので、迷子になる心配もありません。

プロヴァン中世祭りの案内板

 

おとぎ話に出て来そうな、まるで時が止まったような街並みが至るところで見られます。

移動中も景色を楽しめ、みなさん写真を撮りながら会場に向かっていました。

プロヴァンの街並み

 

会場までは階段や長い坂道があります。歩き慣れた靴で来るのがおすすめ!

入場料

  • 1日券:12ユーロ(12歳以下は無料)
  • 2日券:16ユーロ

 

入り口手前にある受付カウンターで入場料を支払います。クレジットカード使用可。

プロヴァン中世祭り入場料支払い場所

 

『プロヴァン中世祭り』では、中世の仮装をしてくるとなんと入場料が半額に!!

仮装が好きな国民と言われているフランス人なだけあって、商人や職人、大道芸人、騎士、貴婦人などに扮してみなさん来場。

すれ違う人たちの衣装をみるだけでも、十分にこのお祭りを楽しめますよ。

2019年『プロヴァン中世祭り』の様子

10時半頃に会場に到着し、16時頃までイベントをたっぷりと堪能。

そんな当日の『プロヴァン中世祭り』の様子をリポします!

中世のフランスにやってきた

一歩会場内へ入ると、軒を連ねる建物、すれ違う人、もはや中世そのもの。タイムスリップしたかのような雰囲気に包まれています。

プロヴァン中世祭りの仮装参加者

プロヴァン中世祭り会場の様子

 

会場内を歩いていると、早速中世のダンスイベントに遭遇。生演奏に乗って、中世の庶民に扮した人たちが、軽快なグループダンスを見せてくれました。

プロヴァン中世祭りのダンス

 

いたるところでショーも行われているのですが、なんせフランス語がわからない…。でも雰囲気だけでも十分に楽しめます。

プロヴァン中世祭りのショープロヴァン中世祭りのショープロヴァン中世祭りのショー

 

教会の前で開かれていた生演奏。

プロヴァン中世祭りの演奏ショー


バイオリンの女性がとっても上手で、バイオリンから奏でられる絶妙な不協和音が、中世のヨーロッパのイメージそのもの。

当時もこんなふうに演奏していたのかなと想像力がかき立てられました。

 

軒を連ねるお店も、中世感満載です。

鎧が売っています。

プロヴァン中世祭りで売ってる鎧

 

斧や剣(もちろん偽物!)などの武器だって買えます。

プロヴァン中世祭りで買える武器

 

木で作られた盾は特にお子さんに人気のようで、会場内でも持っている子を何人も見かけました。

プロヴァン中世祭りで買える盾

 

中世といえば、魔女。魔女(に扮した女性)が売っている置物も素敵でした。

プロヴァン中世祭りの魔女の置物

 

お土産にも可愛い魔女ピアス。

プロヴァン中世祭りの魔女のピアス

 

ユニークなお香たて、死神。(ちょっと怖いけど、なんか惹かれる・・・!)

プロヴァン中世祭りの死神お香たて

 

そうそう、当時の乞食の格好をした人たちが道の角でマネキンのように立っていたり、ゆっくりと歩いて来たりするのですが、突然木の楽器のようなもので、「パチン!!」と音を鳴らされます。

トイレを我慢していた私はその音で、危うく緩んでしまうところでした…笑

プロヴァン中世祭りの乞食仮装

 

実際に弓をひくことができるイベントも。

プロヴァン中世祭りの弓イベント

 

会場内では食事をすることもできます。

豪快な豚の丸焼きが会場のいたるところにあり、香ばしい匂いに何度も食欲を掻き立てられました。

プロヴァン中世祭りの豚の丸焼き

 

ホットドックやソーセージも美味しそうだった!

プロヴァン中世祭りのソーセージ

 

地元で作られたパンも、陳列からヨーロッパ感が漂っています。

プロヴァンのパン

 

手作りマカロンも色鮮やか!

プロヴァンのマカロン

 

気になる価格ですが、地方都市ということもあり、パリに比べると良心的な価格です。

例えばクレープは2ユーロ、ビールは3ユーロ、ホットドックも5ユーロで食べられます。

 

これでもきっとお祭り価格なんでしょうが、パリの物価にヒィヒィいっていた私にとっては、「イベントなのにこの価格でいいの?」とむしろ拍子抜け。

 

この日は天気も良く、気温も20度を超えて、歩いていると暑くなってきたため、レストランでアイス(8ユーロ)を頂くことに。

プロヴァン中世祭りで食べたアイス

私が選んだのは、イチゴやパッションフルーツのものですが、プロヴァンらしいバラのスイーツもいくつかありました。

 

当時使われていたミシン。世界名作劇場に出て来そう。

プロヴァン中世祭りのミシン

 

前髪がイカしてる牛。ツノが立派です。

よくみると、写真右にも牛に扮した方がいました。ある意味貴重なツーショット。

プロヴァン中世祭りの牛

 

ものすごーく大きなモンスター(?)とも記念写真をぱしゃり。

プロヴァン中世祭りのモンスター

彼は毎年この仮装で参加しているらしく、会場内でも常に写真を求められる人気ぶり。

ただ、この格好で歩くのは相当大変なのか、滝のような汗をかいており、写真を撮るときには、私の肩にかなり体重をかけてきました

 

ここは見逃せない!上から望む景色も格別

『セザール塔』『旧市街の城壁』はプロヴァンに来たのなら絶対に見逃せないスポット。

この2つはどちらも会場内にあるので、ゆっくり見て回ってみてください。景色が素晴らしい!

 

会場の中心部あたりにあるセザール塔には4.30ユーロで中に入れます。

セザール塔

 

このてっぺんから望むプロヴァンの街並みは本当に美しく、中世から変わらない景色が広がっています。

 

セザール城からみたプロヴァン セザール城からみたプロヴァン

 

ちなみに塔のふもとではプロヴァンの名産品であるバラの花が売られていました。

塔とバラがコラボレーションされた景色も素敵。

セザール塔とバラ

 

会場を端まで歩いて行くと、旧市街の城壁も見ることができます。

プロヴァンの城壁

13世紀に作られたこの城壁は当時は5kmありましたが、現在残っているのは1.2km。

 

会場出入り口の一つにもなっているジュイ門の上は登ることができ、そこから眺めるイベントの様子もまた格別でした!

中世の家が並び、その街を歩く中世の格好をした人々。ここが中世であると錯覚してしまうかのような風景です。

プロヴァン中世祭りの様子

 

大人も子どもも仮装を楽しむ!

 

仮装をしてくると入場料が半額になるこのイベント。

会場内では、まるで映画やドラマの登場人物のような人ばかりとすれ違います!

 

華やかなドレス姿の人たち。

プロヴァン中世祭りの仮装を楽しむ人プロヴァン中世祭りの仮装を楽しむ人

 

ドラマのロケだと言われても納得してしまう完成度。

プロヴァン中世祭りの仮装を楽しむ人

 

勇ましくかっこいい!!

プロヴァン中世祭りの仮装を楽しむ人

 

ナイトや当時の庶民の服装など、衣装はそれぞれお好みで楽しんでいるようでした。

プロヴァン中世祭りの仮装を楽しむ人

 

 

会場内には、フェイスペイントをしてくれるブースもあり、お子さんからマダムまで美しく華やかに大変身。

ブースやペイントの大きさによって価格は違いますが、2ユーロ〜10ユーロほどです。

プロヴァン中世祭りのフェイスペイント

 

仮装をしてくればよかったという人には顔出しパネルがおすすめ!

プロヴァン中世祭りの顔出しパネル

 

会場内では仮装衣装も売っているので、来年に向けて買ってみるのもいいかもしれません。

プロヴァン中世祭りの衣装店

ただ庶民衣装でも、例えばトップスが50ユーロ、スカートが70ユーロ、それに装飾となるとそれなりの価格にはなります。

 

衣服はちょっと手が出せないという人は髪飾りだけでも気分が味わえそうですよ。

プロヴァン中世祭りで売ってる髪飾り

 

natsumi
natsumi
ちなみに私が欲しいと思ったドレスは210ユーロだったため、来年も普段着で参加予定です…!

まとめ:パリから90分でタイムスリップ

セザール城からみたプロヴァン

 

毎年6月に開催される『プロヴァン中世祭り』。

街全体がまるで中世にタイムスリップしたかのようなその雰囲気は、他でもなくこのプロヴァンでしか味わえない特別なものです。

 

また、フランスはパリしか知らなかった私にとっては、新たなフランスの一面に触れることができた街(イベント)でもありました。

パリからも列車で90分と日帰りで行くことができますから、パリとはまた違ったフランスを楽しみたい方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

プロヴァンの見どころ、お土産については、「中世の街『プロヴァン(Provins)』の行き方・見どころ・お土産完全ガイド」で詳しく解説しています。

セザール城からみたプロヴァン
パリから日帰り可能!世界遺産の街『プロヴァン』の見どころを解説 パリから列車で1時間半のところにある『プロヴァン(Provins)』。 今でも中世の面影を色濃く残す街で、まるで当時にタイ...
よく読まれている記事