パリ暮らし

【6月15日以降】フランスの移動制限解除に関するまとめ

【6月15日以降】フランスの移動制限解除に関するまとめ

6月12日、フランス政府から移動制限の解除に関する情報が発表されました。

要約すると内容は以下の3点です。

  • 6月15日に欧州域内国境における移動制限の解除
  • スペインとイギリスに限り制限がまだある
  • 7月1日以降、シェンゲン協定域外との国境も段階的に開放

この記事では6月15日以降のフランスから国外への移動に関する詳細をご紹介します。
(参照:在フランス日本大使館「たびレジ」メール)


欧州域内の移動制限は全て解除

フランスと欧州の状況を鑑みて、フランスは6月15日朝(0時00分)、COVID19対策のために実施された欧州域内国境における移動制限(陸・空・海)の全てを解除します。

6月15日以降、欧州(EU加盟国及びアンドラ、アイスランド、リヒテンシュタイン、モナコ、ノルウェー、サンマリノ、スイス、バチカン)から渡航する人々は、2020年3月18日より前と同様に、COVID19対策に関連するいかなる制限も受けずに仏領土に入国が可能に。

6月15日以降、EU圏内(スペインとイギリス以外)の移動制限が解除

スペインとイギリスは移動制限が継続

相互主義により、スペイン及びイギリスとの間の国境では制限が継続されます。

スペイン

スペインは、COVID19関連の移動制限、および欧州から空路で入国する者に対する14日間の隔離を6月21日まで維持することを決定しました。

スペイン当局との合意の下、フランスは現在実施中の制限を6月21日まで維持。つまり、6月21日までは、スペインからの入国者は、フランス到着後14日間の隔離の実施が要請されます。

フランス・スペイン間は6月21日まで14日間の隔離実施が継続

イギリス

イギリスは、6月8日にフランスからの入国者に対する14日間の隔離義務を実施しました。

イギリスからの入国者はCOVID19対策に関連した入国制限の対象にはなりませんが、相互主義に基づき、6月15日以降から新たな決定がなされるまでは、到着後14日間の隔離の実施が要請されます。

フランス・イギリス間はしばらく隔離実施が継続

シェンゲン協定域外との国境の段階的な開放

6月11日の欧州委員会の勧告とフランスの提案に基づき、フランスは7月1日以降、シェンゲン協定域外との国境の段階的な開放を行います。

この開放は、第三国の感染状況とその実施前の欧州の状況を判断し、段階的かつ差異のある方法で行われます。

7月1日以降、シェンゲン協定域外との国境も段階的に開放

関連記事

フランス国立美術館・モニュメント再開情報まとめ
【新型コロナ】フランスの国立美術館・モニュメントの再開スケジュールまとめ新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために閉鎖されていた、フランスの国立美術館やモニュメント、お城の再開スケジュールが発表されました。 ...
フランス新型コロナ6月2日以降の規制緩和措置について
【7月3日更新】フランスの規制緩和措置まとめ5月28日にフィリップ首相をはじめとする政府関係者から、6月2日以降のフランスにおける規制緩和措置に関する発表がありました。6月2日から...
フランス日本航空会社運行情報
【7月5日最新版】日本⇔フランス直行便の運休・減便情報と入国時の注意事項新型コロナウィルスの影響で欠航・減便になっている日本⇔フランス直行便の運行状況をお伝えします。 直行便を運行している航空会社は以下...