パリ節約ごはんレシピ

ラタトゥイユ缶を簡単アレンジ!絶品ラタトゥイユごはん

 

節約ごはんを作る上で、「ラタトゥイユ缶」が非常に便利という情報をパリ暮らし先輩ブロガーさんの記事で目にしたため、私も早速購入し、使ってみることにした。

ラタトゥイユ缶缶はモノプリでもカルフールでも、ともにプライベートブランド(PB)で販売されていて、お値段も0.8ユーロ(100円)ほどとお財布にも優しい。

私は今回モノプリで購入。

 

このラタトゥイユ缶とカルフールのお米を使って、その名も「ラタトゥイユごはん」を作ってみた。

お米はカルフールのPBのもので、’Riz Long Grain’(500g 1ユーロちょっと)を使用。

スーパーにはいろんな種類のお米が置いてあるけれど、これを選んだ理由は一番安かったから。

 

natsumi
natsumi
「ラタトゥイユ」を「ラタトゥーユ」って言いたくなるのは私だけ?フランス語的には前者が正しいみたいだけれども。

 


ラタトゥイユごはんの作り方

作り方はいたってシンプル。

  1. お米を10分「茹でる」
  2. ベーコンとにんにくのみじん切りを炒め、そこにラタトゥイユ缶の中身を投入
  3. 茹で上がったお米を入れ、塩胡椒で味を整える
  4. お好みで目玉焼きをどうぞ

 

「お米を茹でる」という文言に一瞬「?」となったかもしれないが、日本のお米は炊飯器、もしくは鍋で炊くものだが、フランスではお米は基本茹でるものなのだ!

まるでパスタのような感覚。

箱から出したお米は玄米のような色をしていたが、熱湯で茹でるとちゃんと白いお米に変身する。

 

お米を茹でてる間にラタトゥイユ缶をちょっとだけアレンジ。

ベーコンとにんにくのみじん切りを炒め、そこにラタトゥイユ缶の中身を突っ込む。

別にこの工程はなくてもいいのだけれども、ごはんにお肉が入っていると嬉しい性分なため、角切りベーコンを投入した。

そこに茹で上がったお米を入れ、塩コショウで味を整え、盛り付け後に目玉焼きを乗せたら完成。

 

 

肝心の味はというと・・・

こりゃいける!!

チキンライスにほんの少し酸味を加えた味、という表現がぴったりかと思う。

野菜の旨味も十分に感じられるし、日本人にはかなり馴染みやすい。酸味が気になる方は、砂糖やケチャップを加えてもいいかもしれない。

 

ラタトゥイユ缶に入っているたっぷりの野菜は食べ応えも抜群だし、バラエティー豊かな食感も楽しむことができる。

一皿でいろんな野菜を頂こうと思うと、それなりに手間やコストがかかるものだが、これ一缶で済むなんて、ラタトゥーユ缶よ、いい仕事をしているではないか!

 

茹でたお米も、日本の粘りのあるものとはだいぶ違い、パラパラっと少し歯ごたえがあるのだが、これはこれで私は好きだ。

ご飯をアレンジするのなら、むしろこちらの方がよく合いそう。例えば、チャーハンやバターライスなど。

 

このラタトゥイユ缶そのものも、アレンジ次第では、パスタソースになったり、食べ応えのあるおかずになったりと、大変重宝するとのこと。

我が家の節約ごはん生活にとっても、欠かすことのできないレギュラー食材になること間違い。

 

日本にもこういったレトルトがあるのね。これは常備しておいたら重宝しそう。

海外でも日本の書籍がお得に読める
海外でも読書ができるKindle Unlimited

月額980円で12万冊が読み放題の
電子書籍サービスKindle Unlimited

日本の最新雑誌や漫画、小説、実用書
さらにはガイドブックなどが読み放題!

30日間無料体験で読みたい本を
みつけてみてはいかがですか?

海外に来て読書の機会が減った人や
高い書籍を買う気になれない人には
絶対におすすめのサービス!

\ 30日間無料!いつでも解約可能 /Kindle Unlimitedを
詳しくみてみる